キャッシングは金利で選ぶ!これが基本!

どこで借りようか悩んでいる人は、これを指標にしてください!

キャッシングをしようと思っても、最初はどのお店にいけばいいのか、迷ってしまいますよね。
プロミス?アコム?モビット?レイク?アイフル?ノーローン?
それぞれの会社には特徴があり、またCMでもおなじみのところばかり。
だけど、その中でどれを選べばいいのか、なかなか決まらなくて困ってしまう・・・
気持ちよくわかります。
確かに、どこで借りるかはとても重要なポイント。
お店を決めるには、いくつかの条件で絞り込むのがいいと思います。
例えば、大手都市銀行の傘下の消費者金融は、安心して借りることができますよね。
また、審査があまりにも厳しいところは、ちょっと借りるのには躊躇してしまうかもしれません。
安心の接客が徹底されているところは、借りるときも気持ちよく借りることができますよね。

でも!いちばん大切なのは、なんといっても「金利」。
あなたがキャッシングなどで借りるお金にかかってくる利息が多いか少ないか、これが一番大事なのです。
この項目を無視して借りると、とんでもないことになりかねませんよ!

金利は本来「払わなくていいはずのお金」なのです!

「お金を借りれば、元金に利息がついてくる」
これはもう、鉄の掟。小学生でも理解しています。
でも!なんで金利を払わなければいけないのか、考えたことがありますか?
金利というのは、お金を貸した側の利益。つまり、お金を貸した側の理論によって決められているもの。
ですから、本来は、金利は1円でもいいわけです。金利1円でも、貸した側にとっては儲けになるわけですから。

とはいえ、貸した側としては、回収できなかった借金もあるわけですし、1円というわけには行かない、というのもわかります。でも、何十パーセントも利息を取るのは、ちょっと儲け過ぎなんじゃないですか?
金利はもっと低くても、会社は回ると思うのですが・・・
そう、金利は本来借りる側としては「キャッシング会社を儲けさせてあげるために払っているお金」なのです。
だとすると、あんまりたくさん払うのは、ちょっとうれしくないですよねー。
できるだけ払う金額が少なくなるように、賢く借りるようにしましょう!

キャッシング会社の金利はこうなっています!

いちばん金利が低いキャッシング会社はこちら!

では、「金利が低いキャッシング会社はどこ?」ということになります。
現実の話、大手のキャッシング会社の金利は、ほぼ横並びです。
でも、多少差があるので、その差をしっかり見極めていきたいですね。
1%の違いでも、何十万円というお金に掛ければ、大きな金額になってきますからね。
それでは、大手のキャッシング会社の金利はこのようになっています!

  1. プロミス:金利=年4.5%~17.8%:限度額:500万円
  2. レイク::金利=年4.5%~18.0%:限度額:500万円
  3. アイフル::金利=年4.5%~18.0%:限度額:500万円
  4. アコム:金利=年4.7%~18.0%:限度額:500万円
  5. モビット:金利=年4.8%~18.0%:限度額:500万円
  6. ノーローン:金利=年4.9%~18.0%:限度額:300万円

と、このようになっています。
こうしてみるとわかるように、金利の低さで言えばプロミスが頭ひとつ抜けています。
でも、レイクやアイフルも比較的金利は低いですね。
とはいえ、この金利については、最低金利よりも最高金利を見るべきなのです。
というのも、最低金利は限度額いっぱいに近い金額を借りるときに適用される利息。
少額の借り入れでは、なかなかそこまで下がることはありません。
ですから、少額の借り入れを考えている人は最高金利を、多額のお金を考えている人は最低金利を見て、判断してみてください。

最初に借りるなら、だんぜんプロミスがおすすめ!

このように、キャッシングをするなら金利の低いところから借りるのが鉄則・・・というのに従えば、なんといってもプロミスがだんぜんおすすめ!になります。
なんといっても最高金利が17%台というのは、とてもありがたい。
ただし、それだけにプロミスは審査がちょっと厳しいです。
思いがけないところで審査に落とされる可能性も・・・

でも、それは、多額の借金を抱えている人や多重債務者に対しては厳しいということで、初めての借り入れであれば、それほど怖がる必要はありません。
あとは、きちんと定期的な収入があって、しっかりお金を管理できる人であれば、ちゃんと審査には通るようになっています。ですから、まず最初にはプロミスを選んでみてください。
プロミス公式サイトから、まずは「3秒診断」をしてみて、借り入れ可能!と表示されたら、そのまま審査に申し込むのが賢いやり方。
あなたの必要なお金、ちゃんと借りられるように祈っています!